税務調査は個人事業主にも来るの?

MENU

税務調査は個人事業主にも来るの?

 

税務調査は個人事業主にも来るの?

税務調査といえば漠然と法人のイメージがあり、個人事業主にはあまり関係のないことだと考えている方が多いかもしれません。

 

しかし法人ではなくても税務調査の対象になることはありえます。

 

税務調査の目的は、適正かつ公平な課税を実現していることで、所得が大きければ大きいほど課税しなければいけない金額も異なってきます。

 

また所得の申請に不備が感じられる場合に調査が入ることが多いようです。ここで注意が必要なことは、所得とは一概に商売で得た金額すべてだとは限らないということです。例えば、個人事業主で店を経営している場合は販売に必要な設備があると思いますが、それらは経費として引かれます。

 

お客様とのやり取りに電話が必要だったり、会計をするためにレジが必要だったりすると思いますが、一年の儲けからこれら必要経費を引いた金額が利益として考えられています。しかし経費がこれくらいかかったので所得はこれくらいになると口頭で言ってもあまり信憑性はありません。

 

口頭だけでなく領収書をしっかりと保存しておいて証明する必要があります。また経費になるかどうかの境界線は難しく、例えば家事費の場合は経費には含まれません。ただし仕事のことで打ち合わせをするためにミーティングルームを貸し切ったり、飲食店で打ち合わせをした際にかかる飲食代に関しては経費と見なされます。

 

このように個人事業主は法人と違い、専門的な担当者がいないことが多いのでしっかりと確認して納税調査を防ぎましょう。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?