税務調査の対象になりやすい個人事業は?

MENU

税務調査の対象になりやすい個人事業は?

 

税務調査の対象になりやすい個人事業は?

税務調査は、適正かつ公平な課税を実現するためにありますので、本来ならば所得に関係なく不明瞭な部分がある個人事業主に対しては行われるはずです。

 

しかし、税務署も忙しいので、「年収1000万円以上」といったように所得の大きい個人事業主から優先的に行われていく傾向があるようです。

 

しかし、これは1つの傾向であり、所得が大きくなくても税務調査が行われることがあるので注意が必要です。水商売、建設業、IT関係などの業種は所得が多かったり売上をごまかしやすいので税務調査が多い業種かもしれません。

 

税務調査の対象になりやすいのは、申告した内容に怪しい部分がある個人事業主です。例えば、本来計上すべき時期に売上や経費を計上せず、前倒ししたり、繰り延べしたりして時期をずらして計上をしている場合には必ずチェックされます。これは「期ずれ」と呼ばれているものです。

 

また、個人事業主で多いのが、個人的な経費を事業経費として計上している場合です。個人としての生活費や、プライベートの付き合いでの交際費などは事業経費として計上ができませんが、証拠がつかみにくいため、そういったものも経費として計上している人がいるようです。

 

飲食店やホテルの領収書などは、なんの目的で誰と入ったのかということなど、きちんと答えられるようにしておく必要があるでしょう。

 

個人事業主をしていても、10年間税務調査が来たことがないという人もいます。確率はそれほど高くないのかもしれませんが、油断をせずに対策をしておくことが重要です。
 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?