相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?

MENU

相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?

 

相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?

税務署では、相続税の申告書が提出された場合、その申告書の内容が正しいものかどうかについて検証します。

 

不動産については、市区町村役場からの固定資産税評価額通知によって、申告漏れがないかをチェックします。

 

相続した財産の申告漏れで最も多いのが、預貯金などの金融資産です。

 

そのため、税務署は銀行や証券会社などの金融機関に申告漏れがないか照会を行います。残高証明書や入出金がわかる明細書は、相続した人の口座だけでなく、家族の口座も調べるため、家族の口座に現金を動かしたとしても、すぐにわかります。

 

相続税の申告件数の2割程度に対して、相続税の税務調査が行われます。そして、その中で申告漏れが指摘されるのは、8割以上にもなります。税務調査は、徹底して行われます。ですから、いつ税務調査が行われても大丈夫なように、しっかりと準備をしておく必要があるのです。

 

税務調査の時期は、9月から11月にかけて行われることが多いです。税務調査が行われる場合、税務署はすでに申告漏れを把握していることが多いです。申告漏れを把握していない場合でも、申告に疑いがある場合、財産を隠していないか調べます。

 

調査の期間は、特に決められていません。調査が難しい場合、1ヶ月以上かかることもあります。税務調査の結果、申告漏れがあった場合は、修正申告を行います。相続財産に申告漏れがあった場合、その税額は、相続した人全員に影響するので注意が必要です。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?