税務調査の対象になるのは?

MENU

税務調査の対象になるのは?

 

税務調査の対象になるのは?

企業や個人事業主には税務調査が入ることがあります。その理由は、税金を確実に徴収することです。

 

そうすることで、政府の財源の確保と、納税者間の公平を担保しています。

 

企業は毎年決算を行って、決算月の2ヶ月後に税務署や市役所などに書類を提出します。そして税額を確定させて税務署や市役所などに納めることになります。

 

個人事業主に関しては、確定申告の際に1年間の所得を計算して、そこから所得税の税額が算出されます。売上高や利益によっては消費税や事業税を支払う個人事業主もいます。

 

そういった申告内容は基本的に自己申告になっていますが、必ずしも正しい内容だとは限りません。そのため税務署では税務調査を行っているのです。

 

税務調査の対象になるのは基本的に法人格を持つ企業と、開業届を出している個人事業主です。また、法人格が無かったり開業届を未提出でも、事業を行っているという実態があれば、税務調査の対象になることがあります。所得や利益を隠している企業だけが税務調査の対象になるというわけではなく、あくまで全ての企業や個人事業主が対象になるのです。

 

しかし、実際に税務調査が入る企業は、規模が大きめのところが多いです。個人事業主に関しても、利益が多いほど税務調査が入り安くなる傾向にあります。また、事業規模に対して必要経費が多すぎるところも、狙われやすくなるでしょう。特に交際費が多すぎると、怪しまれるということがよくあります。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?