相続税の税務調査が来る可能性は?

MENU

相続税の税務調査が来る可能性は?

 

相続税の税務調査が来る可能性は?

相続税の税務調査は、およそ3割の人が対象となっているようです。確率で言うなら、およそ30%ということになります。

 

そもそも、相続税の対象になる人は全人口の5%もいないと言われています。相続税では、相続人の数に応じて高額な控除が受けられます。

 

相続人が1人なら3600万円、2人なら4200万円もの控除が受けられます。相続人が2人として、4200万円を超える財産を相続する人というのはかなり限られています。

 

そのため、必然的に相続税の税務調査はお金持ちの人が対象となり、高い確率で調査が入ることになります。

 

これだけの高い確率で税務調査が入るのですから、申告漏れや計算ミス、書類の不備などがある場合にはほぼ調査がされると考えておいたほうがよいでしょう。中には意図的に虚偽の記載をして、支払う税金を少なくしようとする人もいますが、多くの場合は申告漏れや計算ミスです。

 

悪意がない場合でも税務調査が入る可能性は高いので、油断はできません。税務調査をされたくなければ、しっかりと怪しい部分がないように申告をしておく必要があります。計算が複雑になる場合などには税理士や弁護士などの専門家に依頼するのもよいでしょう。税理士の署名が入っている申告書は信頼性が上がるため、調査がされる可能性は低くなります。

 

なお、税務調査が入って追徴課税が課されると、本来支払うべきお金よりも多くを支払うことになります。悪質度が高いケースですと、重加算税という重い課税がされてしまうので、税理士などの専門家に依頼をする費用のほうがはるかにマシであるケースもあります。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?