国税局の税務調査とは?

MENU

国税局の税務調査とは?

 

国税局の税務調査とは?

税務調査とは会社が毎年行っている税務申告に対する税務署の調査です。日本では所得税や法人税については申告納税制度を採用しています。

 

つまり税金は納税者が税務署に申告して税額を確定させています。この申告が正しく行われているかどうかを調査するものが税務調査なのです。

 

税務調査と聞くと『マルサ』という言葉が浮かびます。このマルサとは国税局査察部のことです。中小企業については基本的に管轄する税務署が税務調査に入ります。

 

しかし大企業については税務署ではなく、国税局査察部が担当となります。国税局査察部の調査は一般的には任意で行われますが、大口で悪質な脱税者に対しては強制調査が行われます。

 

また調査の実施についても通常は事前連絡が行われますが、対象となる会社が重加算税の対象となる悪質な脱税行為を行っていると想定されている場合や、飲食業及び小売業などの不特定多数の者と現金決済による商売を行っている場合には無予告で調査が行われる場合もあります。

 

国税局の情報収集力は凄まじく、税務調査に入る段階では、対象となる会社の取引情報や社長を含む役員や主な従業員の収入状況、家族状況などの個人情報に至るまで調べ上げているのです。

 

つまり、どのような手口で脱税行為を行っても、国税局にしてみれば丸裸同然であり、すぐにバレてしまうのです(もちろん脱税行為は論外です)。国税局の税務調査が入っても大丈夫なように間違いのない税務申告を行うことが重要となってきます。

 

 

関連ページ

税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?