税務調査が個人事業主に来る確率は?

MENU

税務調査が個人事業主に来る確率は?

 

税務調査が個人事業主に来る確率は?

個人事業主にとって、確定申告のこととか、決算処理のことは、かなり頭の痛いことです。

 

いまは会計ソフトがかなり優秀になっていますので、自分だけでできるといえますが、経理の知識のない人がそういうソフトを使うときに、

 

悩みがなくすらすらとできるということはないからです。
その場合は税務署にいって確認をしたり、経理の知識のある人に教えてもらいながらやる場合が多いです。

 

個人事業主の会社に税務調査が入る確率というのはどのくらいなのでしょうか?それはいろいろです。

 

個人事業主でも会計士が会社の経理をやって、正しい知識のもと申告している場合はまず入ることはありません。でもまったく会計に知識のない人が適当にやっている場合は入る場合があります。

 

たとえば、去年の申告よりもあきらかに経費が増えているとか売上が増えているにも関わらず、赤字になっているなど申告内容に不審なところがあれば入ってしまうこともあります。つまり決算処理の中身次第ということになります。

 

適正な数字が上がっていて疑いようもなければ入ることもないですが、突然売上が上がったあるいは、激減したという場合、それが決算書類上できちんと証明されれば、入らないのです。ですから数字をみて、適正と判断されるように、正確に記入していく必要があります。

 

一度不適切と判断されるとずっとその印象はついてしまう可能性があるので、個人事業主の方は経理は専門家にお願いしたほうが間違いないともいえます。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の時期
税務調査の時期
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?