税務調査の時期

MENU

税務調査の時期

 

税務調査の時期

税務調査は税を納める義務があるのにもかかわらず納めていなかったり、申告漏れがありそうな人に対して行われる調査です。

 

国税通則法に基づいて税務職員に対しては質問権が施されており、税務職員はこの権限に基づいて申告書の内容について質問したり、証拠書類の提示を求めることができます。

 

税務調査の結果、申告漏れがあった場合は正しい税額にもとづいた金額を納付するだけでなく、高額の課徴金も課されますので申告漏れには注意が必要です。最近はマイナンバー制度が導入されたこともあり、副業収入がある人の間で、この税務調査を気にする人が増えています。

 

税務調査がおこなわれる時期については、特に法律や規則などで定められているわけではありません。税務調査が必要と思われる案件が発生した時点で行うものであり、言いかえれば1年のうちのどのタイミングで行われてもおかしくないものなのです。

 

ただし税務職員は普段でも多くの案件を抱えていますが、特に確定申告の期間は激務を強いられます。したがって2月から3月下旬にかけての確定申告の時期に、税務調査がおこなわれるという可能性は低いと考えていいでしょう。

 

もちろんこれはあくまでも推測の範囲にとどまる考え方ですので、絶対に行われないという保証はありません。肝心なのは正しい申告をすることであり、仮に税務調査が入った場合でも堂々と反論できるだけの資料を揃えておくことが大切なのです。領収書や請求書はしっかりと管理し、帳簿などの記録はきちんと保存しておきましょう。

 

税務調査の期間 どの位?

 

悪意のある脱税行為の場合は論外ですが、現実的には悪意はないものの無申告であったり、微妙な税務処理をしてしまったなどというケースも多いものです。それでは、税務調査で調べられる対象期間とはどのくらいになるのでしょうか。

 

国税通告法の根拠条文には、通常の税務調査の場合には、第70条により原則5年を遡って調べることはできないとされています。ただし、同じく70条4項で偽りや不正行為があった場合には7年まで遡って調べることができるとされています。つまり、通常では5年、偽りや不正で税逃れや明らかな脱税をした場合には7年が遡って調べられる対象期間となります。

 

ただし、現実の税務調査では、最初に調べられるのは3年分の帳簿や関係書類となります。理由は定かではありませんが、1〜2名の税務調査官が2〜3日で調べられるのがこれくらいの量だからだという説があります。3年分で間違いがあった場合には、その分を追加納税して終わらせることも可能です。

 

しかし、ここで否認や何らかのミスがあった場合には国税通告法にのっとり5年分がチェックされることになります。さらに、5年分の中で偽りや不正行為が発覚した場合には最長の7年間まで遡って調べられるということになります。

 

近年、帳簿や関係書類の保存期間が9年間と延長されましたが、国税調査の対象期間は7年のままで変更はしていません。従って、税務調査で最大に遡ってチェックされる対象期間は7年間ということです。

 

注意点

 

注意点

緊張のあまり普段の仕事ぶりからは考えられない行動に出ると、税務調査の結果が芳しくなくなり事業資金が大きく減ることになります。

 

注意点を抑えているかどうかで税務調査に起因する影響を最小限にできるので、心の片隅に留めておき要所で実践できるように準備します。

 

誠実に事業の記録を作成していない自覚があれば、税務調査の序盤で打ち明けることは効果的な手法です。時点で重要になるのは、心を穏やかにして普段通りの振る舞いを徹底することです。

 

印刷日時が表示される資料は、作成した当時のまま税務調査で提出する注意点があります。税務調査の数日前に印刷した旨が判明した場合、恣意的に内容が変更した可能性を指摘されるからです。

 

飲料などで汚れていても、値や文言が把握できるなら差し支えありません。古めかしいほうが堂々とした印象を与えられますし、取り繕う姿勢が感じられないので相手の心証を良くできます。見栄を張りやすい性格ならば、我慢を重ねる精神力の強さが求められます。

 

非がある旨が明らかであるにもかかわらず、認めなかったり話を逸らす頻度が高くならないように留意することも注意点です。税務調査では事前に金銭の流れを始めとした確認がなされている確率が高いので、言い逃れられない状況で行われている現実を直視します。

 

誠実に対応するだけが注意点であるものの、瞬間的な感情に左右されて素直さを失う人は少なくありません。終始冷静であるべきと自身に言い聞かせると、税務調査で踏み込んだ追及が行われにくくなります。

 

税務調査への対応

 

実際に税務調査を受けるとなると、何も悪いことをしていなくても緊張したりするものです。いったいどのように対応したらよいのか分からないという方も少なくないことでしょう。そこで、税務調査への正しい対応方法について、是非とも事前に理解を深めておくことができます。

 

税務調査への正しい対応方法としては幾つかの方法があります。例えば、個人事業を行なっている場合は特に、帳簿の整理などをため込んでしまうといった事態を是非とも避けるようにしたいものです。

 

もちろん、税務調査を行なうという連絡は事前に受けることができますが、その時点で、帳簿の整理がたくさん残っていたり、他の必要書類が揃っていなかったりすると、実際の調査に間に合わず大変な思いをしなければならないでしょう。当然ストレスは一層大きくなることでしょう。それで帳簿や書類、さらには金庫などの整理は日頃からきちんと行なっておくようにしましょう。

 

税務調査への正しい対応方法としては、税理士に立ち会ってもらうというものがあります。実際に調査を受ける側は素人である場合が多いものです。そのため、税務調査の際に、必要最低限以上のことにまで調査が及ばないよう適正に監視できる人が必要となることもあるでしょう。

 

この点、税理士は専門的な知識や豊富な経験を持っているため、冷静で適切な対応を期待することができます。さらに、これら税理士に立ち会ってもらうなら大きな安心感を持って調査に臨むことができるでしょう。

 

 

実際の流れ

 

実際の流れ

納税者が申告した内容に、誤りがないかどうかを確認するのが税務調査になりますが、任意調査強制調査があります。

 

多くの税務調査の場合には、任意調査のなかの一般調査が行われることが多いといいます。

 

この税務調査の一般的な流れは、税務署から会社や顧問税理士に、事前連絡が入ることから始まります。

 

顧問税理士がいる場合には、会社の都合の良い日に税務調査が行えるように、日程を調整していきます。その後、税務調査の当日に必要とされる、会社の定款や従業員の雇用関係書類、売り上げや仕入れや経費などに関する、領収書や納品書などの資料を準備しておく必要があります。顧問税理士がいる場合には、当日提出する資料などをスムーズに準備することができるでしょう。

 

一般調査ですと、通常では2日程度で調査が終了するといいます。これが終われば、税務署からの調査結果を待つだけとなります。もしも、申告していた内容に誤りの箇所があって、納税者が指摘された申告の内容に合意をしたならば、修正申告書を作成することになります。修正申告をした後は、不足している税金の額や延滞している税金などの内容に応じて納税していくことになります。

 

これらは、通常多く行われています税務調査の流れになりますが、事前に必要とされる資料などをしっかり準備しておくことで、当日リラックスして臨むことができるでしょう。また、税理士の力を借りることで事前の準備がしっかりとでき、当日もスムーズに税務調査が行われることでしょう。

 

税務調査の結果による修正申告

 

税務調査で申告漏れを指摘された場合、修正申告をおこなうことになります。修正申告とは確定申告書を提出した後に、納税者自らの意思で正しい税額に計算し直した修正申告書を提出する手続きです。一般的には本来納めなければいけない税額よりも、少ない税額で申告していた場合におこないます。

 

確定申告をした本人が誤りに気付いて修正申告をした場合は加算税が課されることはありませんが、税務調査の結果に基づいて申告した場合には加算税が課されます。申告漏れの原因が隠ぺいや仮装に基づくものであればさらに重加算税も課されます。

 

確定申告そのものをしていない場合も加算税の税率が高くなります。さらに税を納める期限が過ぎている場合は、申告漏れによって発生した新たな税金を納めるまでの間に関して延滞税も発生します。修正申告については自分で申告書を作成して税務署に提出することもできますが、疑問点がある場合などは税理士に相談してみるといいでしょう。

 

なお修正申告は税務調査で指摘された事項に関して納得がいく場合にのみ行う手続きです。指摘事項について反論したい場合は、異議申し立てを税務署長に対して提起することになります。この異議申し立ては修正申告を提出した後ではおこなうことができません。

 

したがって税務調査の内容に納得できない場合は、まずその場で調査官に対してその旨を申し立て、それでも更生通知書が送付されてくるのであれば、2カ月以内に異議申し立ての手続きをおこないましょう。

 

関連ページ

国税局の税務調査とは?
国税局の税務調査とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査に強い税理士とは?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査は個人事業主にも来るの?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査が個人事業主に来る確率は?
税務調査の対象になるのは?
税務調査の対象になるのは?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査の時期は?いつ来るの?
相続税の税務調査が来る可能性は?
相続税の税務調査が来る可能性は?
個人事業主への税務調査注意点
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の対象になりやすい個人事業は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査官とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
白色申告でも税務調査が来る確率は?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
税務調査の反面調査とは?
中小企業の必見の税務調査の対処方法です。節税対策に精通した税理士に無料相談!自営業や中小企業の味方でお薦めの会計事務所を紹介します。銀行借入、税金対策にも強い専門の税理士おすすめを紹介します
準備
税務調査への準備
事前通知
税務調査の事前通知
時効はいつまで
税務調査の時効
無申告の場合税務調査が来る確率は?
無申告の場合税務調査が来る確率は?
簡単な対策
税務調査への対策
個人事業主にくる時期
税務調査が個人事業主にくる時期
判明した追徴課税は
税務調査で判明した追徴課税は
拒否するとどうなる?
税務調査を拒否するとどうなる?