相続税の税務調査の注意点

MENU

相続税の税務調査の注意点

 

相続税の税務調査の注意点

税務署から課税逃れの疑いを持たれると税務調査に入られることもあります。

 

近年では高齢化社会が進み、高齢者が増え日本が豊かになった現れで相続税での税務調査が増加しています。

 

これが企業だけではなく、一般の家庭にもこの税務調査が入ることもよくあります。全く経験のない調査に税務署が来られるとその対応に苦慮します。

 

税務の知識がないのが当然なので、こうした場合には税理士に依頼して立会いをお願いしたほうがいいです。但しその税理士の選択にも注意点があります。それは法人税務の調査の経験ではなく、相続税対策にも精通しているかどうかです。

 

法人の調査と相続税の税務調査では見るべき点が違いますので、対応経験がないとだめです。税理士の資格試験では、法人税法は必須ですが相続税法は必須でなく科目として取得していないのであれば対応力には疑問がでます。

 

相続については民法の家族法の概念も知っていないと税務の解釈が理解できないところもあります。一番問題になるのは、生前贈与を税務署が所得逃れの行為とみなして、否認して課税してくることもあり、この生前贈与のケースパターンを理解している税理士がいいです。

 

最近では、この相続税対策に弁護士が対応することもあり、弁護士は登録すれば税務業務が可能なので、とくに民法の家族法のかかわる贈与の契約についても節税対策がアドバイスできるものもいますので、場合によっては弁護士に税務署との折衝に対応してもらうほうがいいです。