中小企業の銀行借入れ簡単な方法

MENU

中小企業の銀行借入れ簡単な方法

中小企業の銀行借入れ簡単な方法

 

中小企業の銀行借入れ簡単な方法

中小企業の経営者が事業を起こしたり、運転資金が足りなくなったときには、銀行から借入をする必要があります。

 

しかし、いざお金を借りるとなると簡単ではありません。

 

そこで、銀行からの簡単な借入方法をご案内します。

 

 

お金を貸し渋られる

 

・企業が成長すると、自己資金や親族からの借入では足りなくなってくることもあります。そういう時に頼りたいのが銀行からの融資です。ただし、お金は借りたら返さなくてはなりません。そのためにはきちんと利益を上げて返済する必要があります。

 

・よく聞くのが「銀行がなかなかお金を貸してくれなくて困る」という、中小企業の経営者の嘆きです。しかし、本当にそうでしょうか?銀行はお金を貸す商売ですし、最近ではベンチャー企業を発掘して育成するのが国の政策になっています。

 

 

なぜお金を借りられないのか?

 

・書類をきちんと作っていない

 

お金を借りるためには会社の経営状態を説明するために、事業計画書や決算書、経営計画書などの書類を銀行に見せる必要があります。しかし、その書類がちゃんとした形で作られていなかったり、計画性がなかったり説得力がないとお金を貸してはくれません。

 

・書類の信用性が薄い

 

キッチリと決算書などの書類を作っていても、ちゃんとした税理士の印が押してあるかどうかで信用度も違ってきます。

 

・借入の制度を知らない

 

企業が借入するためには様々な制度がありますが時限的なものも多く、調べてもなかなか分かりにくいのが実情です。間違って要件に該当しない制度で申し込みしてしまったり、より有利な公的融資制度を逃してしまうこともあります。

 

 

中小企業が借入するには

 

まずは中小企業の会計基準、税法基準に準拠した書類を作成しましょう。税理士などに相談し、助言を受けながら事業計画書や決算書を用意しましょう。

 

・作成した書類の信用度を上げるためには、金融機関と親しい税理士の印鑑が必要です。書類に自信がない場合は、あらかじめ税理士に書類作成を頼むのがいいでしょう。税理士に依頼すると、借入の制度などについてもアドバイスしてもらえます。

 

・金融会社は、お金を貸すに足りる会社かどうか企業のことを格付けしています。企業側は、この格付けをランクアップする必要があります。

 

有利な条件でお金を借りるためには、「黒字(資本)をきちんと蓄積していること」「黒字(利益)がちゃんとあること」「黒字を計上し続けていること」が大切になってきます。当たり前のことだというかもしれませんが、いい経営をしてお金を儲けて黒字を出せば、それだけいい条件でお金を借りられるのです。