中小企業の資金繰り対策

MENU

中小企業の資金繰り対策

中小企業の資金繰り対策

 

中小企業の資金繰り対策

「毎年利益を上げているはずなのに、一向に資金繰りが楽にならない」

 

こんなお悩みを抱える中小企業の経営者のかたは数多くいます。

 

そこで、賢い中小企業の資金繰り対策の方法をご案内します。

 

 

なぜかお金が足りない!!

 

・利益が出ているのに楽にならない理由は、「勘定あって銭足らず」の状態になっているからです。つまり売上げのほうが費用よりも大きく利益が出ているが、それを上回るほど収入より支出が大きくなってしまっているからです。

 

・このような状態が続くと「黒字倒産」になってしまいます。では、それを改善する方法はないのでしょうか。

 

 

利益が出ても現金がない・・・

 

・例えば、操業1年目で以下のような業績をあげた会社があるとします。

 

売上 1000万円
経費 800万円
利益 売上-経費=200万円

 

・この会社の売上利益200万円は、全部売掛金だとします。すると現金は実質0円ですが、約30%の税金60万円がかかってきます。すると、納税後の現金残高は60万円ものマイナスになります。

 

・さらに売上利益の200万円があっても、売掛金が400万円もあったとします。すると現金は-200万円です。そこに30%の税金がかかり60万円を支払うことになると、現金残高は260万円ものマイナスになってしまいます。

 

・現金がないのに税金を支払わなければならない理由は、税金というものは現金の残高とは関係なく、計算上の利益によって算出されるためです。

 

このような現金のマイナス現象は、ほとんどが運転資金の不足によって起こります。

 

 

賢い資金繰り対策

 

まずは売掛金をなるべく回収するように励みましょう。それとともに、設備投資や経費などは抑えるように務める必要があります。

 

・ただ、成長中の会社ほど次々といろいろな資金が必要になり、絶えず資金繰りに悩ませられることもあります。

 

・このようなケースでは、例えば経営陣の役員報酬を全額支払わずに、一部だけ会社に残して積み立てることによって、不足した自己資本にあてる方法が有効です。

 

・例えば、役員報酬を200万円多く支払い、その200万円を役員積立金にあてます。所得税がかかってきますが、会社の税率よりは低くなることがほとんどですし、何人かに分配すればさらに所得税を低く抑えることができます。

 

・ただし、租税を回避する行為と知られないように慎重に計画する必要があります。

 

・この方法で年間200万円も自己資本にすることができれば、5年間で1000万円にもなるので、中小企業の資金繰りの対策としては大きな効果があるといえるでしょう。