中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

税務調査の対策

税金を払うことは毎日の生活の為にとても大切なことで、国の歳入源でもありますよね。安心して暮らしていく為には一人ひとりの税金は重要なのです。そこでポイントになるのが税務調査ですが、どのような事を行うのか税務調査対策についてチェックしてみましょう。

 

<税務調査とはなに>

 

税務調査の対策

税務調査と一言でいっても、その調査方法は種類がいくつかあります。

 

多額な脱税の摘発をする為に行う強制調査をはじめ、通常に行われるのが任意調査です。

 

強制ではない為に、納税者のあくまでの任意に基づいて行われる調査のことです。

 

一般的な税務調査の場合は、税務署の職員が会社にやってきて帳簿関係や書類をチェックして申告が正しいがどうか調べます。税務調査では通常過去3年分の調査を行いますが、不正があった場合には最大で7年前までさかのぼって調査する事もあります。

 

一般的には不正があるときでも5年前ほどが通常のようですね。税務調査は企業の経営者にとってはとても厄介な存在になっていますが、その理由は単なる経理の調査だけでなく、なかには税金を無理に取ろうとする調査官が非常に多いためです。

 

調査官にとってノルマなどはありませんが、結果的に数字を挙げることで評価に繋がる為に、かなり強気で調査をする担当者もいるのです。税務調査は決して全ての企業で行うものではありません。ではどのような企業が対象になるのでしょうか。

 

<税務調査の対策に必要なこととは?>

税務対策の対象になる企業は特に決まりはありませんので、どんな商売をしていても税務調査がやってくる可能性はあります。

 

そのなかでも対象になりやすい企業の特徴としては、設立をし3期終了した会社や、売り上げの変動がある会社、脱税が多くある業界の会社、内部告発がある会社などが挙げられます。では実際にはどうやって税務調査対策をしたらよいのでしょうか。

 

一番安心なのは税理士さんに依頼することです。自分でしっかり会社の経理をしている場合はよいのですが、あまり得意でない方や会社設立したばかりの人にとっては税務関係の手続きはとても複雑ですよね。税務調査がきたときに書類の不備などが発見されたら大変なことになってしまいます。

 

そこで信頼できる税理士を見つけて税務調査対策を行いましょう。税理士を見つけるにはネットの紹介サイトなどが便利ですよ。自分の目的に沿った内容で信頼できる税理士を見つけられます。知り合いからの紹介では何かあった時に契約破棄しずらいというデメリットもありますからね。