中小企業の節税 社会保険未加入の中小企業

MENU

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

社会保険料は経費になるので、上手く使えば節税の道具になります。
ですが中小企業にとって、保険に入るのはなかなか大変なものです。
しかも、保険料は年々上がっているので、支払いに頭を悩ませている中小企業は少なくありません。

 

少しでも保険料を抑えるには、どうするのがいいのでしょうか?
いくつかの有効な方法をリストアップしましたので、ぜひ参考にしてみてください。

 

「従業員の入退社の時期を変更する」

社会保険料は、「被保険者でなくなった日が属する月の前月まで」が徴収期間となっています。
ですから、例えば「6月29日に入社・9月30日に退社」という場合、
「7月1日に入社・9月30日に退社」とすると、2ヶ月分の保険料を削減できます。

 

「4〜6月の残業代を再点検する」

社会保険料の額は、4〜6月の給料の平均額をベースに決定されます。
ですから、その間の残業を減らせば、保険料の額も減らすことができます。

 

「給与の改定時期を変更する」

たいていの会社では4月に給与の改定を行っています。
しかし、上記のとおり保険料の額は4〜6月の給料で決まるので、7月に改定するようにすれば、保険料が上がるのを12ヵ月先送りすることができます。

 

「ボーナスの一部を退職金に当てる」

ボーナスには社会保険料が課されますが、退職金には課されません。
ですから、ボーナスを減らしてその分を退職金に当てると、保険料を減らすことができます。

 

 

入らないのは法律違反?罰則は?

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

中小企業の中には経営を成り立たせるためにいろいろな対策を行いますが、節税対策もその一つです。非課税枠 などを確認してできるだけ経費で落とすようにして課税されないようにするという方法があります。

 

中小企業の場合

中小企業の場合は売り上げや費用など額が少ないこともあり利益がすぐに出たり、逆にすぐに赤字になってしまうこともあるのです。せっかく出た利益も年間でみたら税金がかかり利益から支払ってしまい何も残らなかったということにもなりかねません。

 

利益を出すにはためにも日頃から費用について目を配っておく必要があります。またもう一つ確認しておかなければならないことが義務として支払いをしなければならない費用はきちんと計上をしておくことです。

 

例えば中小企業 の場合、給与を従業員に支払っていますが社会保険に加入していないといったことがあります。法的な義務としては株式会社や一部業種を除く従業員5人以上の個人事業など社会保険に入らなければならないのです。

 

社会保険というのは雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金があります。これら従業員の社会保障としても必要なものなのですが、保険に入るためには費用がかかります。

 

これは従業員の報酬によって金額は変わるのですが、個人負担と会社負担が発生することになります。

 

社会保険に加入することで、
  • 雇用保険によって従業員は職を失った時に補助を受けることができたり
  • 労災保険で仕事中や通勤途中に怪我をしたような場合その治療にかかった費用が支払われる
  • 労災で休業した場合もその日数に応じて補助を受けることもできます

 

また健康保険は病気などで通院や入院した場合や家族を扶養に入れて、家族の病気や出産などの費用も補助を受けることができるのです。

 

厚生年金は退職後に年金を受けることができるなどこれら社会保険は費用はかかりますが、生活を安定・維持するためにも必要なものなのです。

 

もし中小企業が社会保険に入っていないような場合は法律違反になるかというと、全てが違反とは言い難いところもあります。

 

これらは一度税理士の方や社会保険に詳しい人などに相談をしてみるほうがいいです。

 

急に社会保険に未加入なので、違反だからすぐに加入して支払うというのも実際は難しいものなのです。その辺りはよく相談をしてみるといいです。

 

このように中小企業の場合は節税といったことも含めて今対応できていないようなことも一度税理士の方などに相談をしてみることです。

 

 

年金事務所から連絡が来たときの対処方法

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

中小企業など節税などの対策をして、少しでも利益を出せるようにしたいと考えます。費用などうまく計上して節税対策を行うことになります。

 

利益を出すには費用を減らすことができるのが一番いい方法なのですが、どうしても発生してしまうものがあります。特に固定的に発生する費用は負担が大きいと言えます。

 

その一つが人件費であり、中小企業であってもそこで働く従業員に対して生活ができる金額と支給してそれを維持もしくは向上出来るようにしなければならないのです。

 

人件費とは

人件費にはいわゆる給料と法定福利費というものがあります。これは社会保険などのかかってくる費用のことで、法律上社会保険の加入が義務付けられているのは株式会社と一部の業種を除いた従業員5人以上の個人事業ということになります。

 

社会保険の種類

社会保険には雇用保険、労災保険、健康保険、厚生年金保険があります。

 

雇用保険

従業員が退職した場合などのなんらかの理由で働くことができない場合に再就職するまでの一定期間支給を受けることができるというものです。

 

労災保険とは

仕事中や通勤途中に事故や、怪我をしたような場合に治療費を受けることができるという制度なのです。

 

健康保険というのは

病気などで病院にかかった場合、一部負担をしてもらうことができたり、一時的に高額な医療費を負担してもらうことができる制度などもあり、出産や育児にも使うことができます。

 

厚生年金保険は

退職して仕事ができなくなったような場合に、年金として給付してもらえるという制度です。

 

このように従業員にとってもありがたい社会保険なのですが、やはり保険ということで費用を負担しなければならないのです。

 

これは従業員の標準報酬額によってその負担額が決まるのですが、会社も負担しなければならないのです。そのために従業員が個人的に国民健康保険や厚生年金にはいるという方法をとっているところもあるのです。

 

しかし実際は株式会社である場合、一部の業種を除いて従業員5人以上の個人事業は加入しなければならないのです。加入義務があるのに加入していないというような場合は法的に考えると強制的に加入させられることもあります。

 

これまでかかっていなかった人件費としての法定福利費が、大きくのしかかってくることにもなるのです。

 

利益が出る予定であったのに急に社会保険加入しなければならない事態になって利益も出せない状況になっては困ります。このような場合はまず税理士の方などに一度相談をしてみるといいでしょう。

 

 

中小企業が社会保険料を下げる為に

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

会社で社会保険に加入すると、会社と従業員で半分ずつ、労使折半で保険料を負担することになります。この会社負担分は中小企業にとってかなり大きな費用であり、なるべく少なく済ませたいところです。

 

役員の給与を減らし、代わりに賞与を増やすと、社会保険料が下がる場合があります。
理由は、社会保険料の計算の仕組みにあります。

 

まとめて社会保険とよばれていますが、健康保険と厚生年金保険の両方に加入することになります。

 

健康保険には、介護保険が含まれます。

 

 

社会保険の金額

社会保険の金額は、従業員ごとに違います。この金額は、各従業員の4月から6月の給与の平均をとり、その平均額が含まれる等級よって決められます。

 

年の途中で昇給により固定給が上がった場合などは、再度その月から3か月の平均をとり、2等級以上変化があれば、新しい等級の保険料に変更されます。

 

給与のほか、賞与についても、支給額に保険料率を掛けた金額に相当する社会保険を支払うことになります。

 

社会保険の計算

社会保険の計算にあたり、賞与の額には上限があります。

 

  • 健康保険は年間573万円
  • 厚生年金は月額150万円

 

です。

 

それぞれの金額を超える場合には、超えていないものとして保険料率を掛けて計算します。

 

例えば、年1度200万円の賞与を支給したら、

 

  • 健康保険は200万円×保険料率
  • 厚生年金は150万円×保険料率

 

で計算されます。

 

役員も、保険料の計算方法は従業員と同じです。

 

役員は従業員と比較して、支給額が高額なことが多いでしょう。そうすると、役員給与と賞与のバランスによっては、賞与が限度額を超えることにより、合計での社会保険の負担が少なくなる場合が出てくるのです。

 

 

年2回賞与を支給している場合

 

1度にまとめることも、同様の理由で効果があります。

 

年300万円を2回支給していたなら、600万円を1回に変更することにより、

 

  • 健康保険は573万円を超える27万円、
  • 厚生年金は150万円を超える450万円

 

は、社会保険の計算に含まれません。

 

ただし、金額のバランスによっては、逆に月額報酬を増やし賞与を減らしたほうが負担額が減る場合もあります。

 

節税対策同様、社会保険の削減も、理解が浅いまま手を付けると逆効果にもなりかねません。

 

また、役員報酬の変更や賞与の支給は、時期が決まっていたり、届出が必要であったりと細かな規定があります。うっかりすると給与や賞与が経費として認められないことにもなってしまいます。

 

税理士に相談のうえ、最も効果のある対策をとれるようにしましょう。

 

 

従業員の雇用形態を考える

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

中小企業で加入する必要があるといわれている社会保険とは、健康保険と厚生年金保険の二つの保険をまとめていいます。

 

従業員を一人でも雇用する際には加入させなければならず、健康保険は労働者の病気やけがの時の保証をしなくてはいけません。

 

また、厚生年金保険は労働者の病気や障害の時の保証や、死亡時の保険給付を行い労働者とその家族の生活の安定と福祉の向上が行われることを目的としています。

 

 

保険料の見直し

中小企業で経営難になっているところでは、節税対策としてこの保険料の節約を考えるという企業もあるかもしれません。

 

しかし、社会保険は労働者にとってモチベーションの一つになっていて、この保険が労働者のライフプランや生活に直接かかわってくることになってきてしまうのです。

 

そのため、もし見直す場合には、従業員の意図もくみ取ったうえで節税対策をとるのがいいのではないでしょうか。

 

 

社会保険料の見直しが節税対策に有効な理由

社会保険料の見直しがなぜ節税対策に有効的なのかというと、正社員を一人雇用するときに数十%の事業主負担が発生してしまうためです。

 

現在年収400万の労働者一人にあたり52万の社会保険料がかかるといわれていますが、この金額は少子化の影響もあって今後さらに増加するといわれています。

 

さらに厚生年金保険料率は毎年引き上げられていて現在では18%も課税されています。

 

 

雇用形態の見直し

数字や金額を見ていると、今後の雇用形態を中小企業が考える必要性というものがさらに出てくるといえるでしょう。

 

重要な仕事というものは正社員に任せる必要性も出てくるかもしれませんが、一定のクオリティーや反復的な作業を必要とされる仕事に関しては、

 

  • パートタイマー、
  • アルバイト、
  • 契約社員、
  • 嘱託等

かもしくは、

  • 業務委託、
  • 請負契約

 

などの形態の必要性がさらに出てくるものとなるでしょう。

 

もし雇用形態を変えようと考えているのでしたら、急に変えるのではなく労働者側に今の雇用形態じゃなくなっても働けるかどうかということを事前に確認することが重要になります。

 

雇用の際、面接での条件で働いているのが現在の環境だと思いますので、節税したいからといって一方的に雇用形態を変えるというのはできません。もしできるのであれば、そのあとまた契約書なり交わして再契約という形で雇用するといいでしょう。

 

また家庭のある人などはどうしても正社員がいいという人がいるかもしれません。そういう人もいることを事前に予測し、完全に正社員というものをなくすのはやめましょう。

 

 

社会保険加入の必要性

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

中小企業が負担する社会保険には

 

  • 健康保険
  • 厚生年金
  • 雇用保険
  • 労災保険

 

といった4種類の保険の種類があります。

 

これらは企業が労働者を雇用するというときに加入しなければいけない保険なのですが、中小企業に売り上げが変動しやすい企業に関しては節税対策として契約する保険会社選びを慎重にやるということがおすすめされています。

 

社会保険は労働者の安全や生活の保障をする保険のため労働者を一人でも雇う場合には、社会保険の加入が中小企業だとしても義務になっています。

 

また上記に挙げたような保険は正社員ならもちろんすべて加入が可能ということですが中でも、健康保険や年金保険などではパートでも利用できるとしており、利用するには常用的な雇用であるということが条件になっています。

 

また労災保険はすべての労働者に適用するものですので、アルバイトで働いているといった人でもこの保険は適用されることになります。

 

近年ではこの保険料の値上げなどが問題視されていて、負担になるのは労働者だけではなく経営者もなので雇用が厳しくなっているというのが挙げられます。

 

そのため中小事業主労災補償制度といった制度も用意されています。

 

 

中小事業主労災補償制度とは

この制度は常に300人以下の従業員を雇っている事業主であること、保険関係が成立していることや労働保険事務組合に労働保険事務を委託することなどの条件がクリアされた事業が利用できる制度になります。

 

300人の事業と前述しましたが、

 

  • 金融業や保険業、不動産業や小売業などの場合は従業員が50人以下
  • 卸売業やサ−ビス業などの職種では従業員が100人以下

 

であるということに注意しないとこの制度を利用することができなくなってしまいます。

 

この加入なども含めて自分で判断するのが難しいとか、自分で判断して失敗したくないという風に考える事業主の人がいたら、一度税理士に相談したほうがいいかもしれません。

 

保険料をどうするかという問題は企業の抱える税金問題にもつながる問題になってくるので、慎重に対処したほうが後々失敗しなくて済みます。税理士は企業の抱えるお金の問題に詳しい専門家といっても過言ではありません。

 

もし社会保険の仕組みについて専門的に知りたいという人がいれば、社会保険労務士や行政書士など相談できる人がいます。社会保険の必要性についてどうしてもわからなくなったらこういった人たちに相談してみるのもいいでしょう。

 

社会保険があることで労働者のモチベーションが上がるということは十分にあります。もし保険料を引き下げる場合には従業員とも相談して決めるようにしてください。

 

もしよかったら、是非参考にしてみてください。

 

 

中小企業が社会保険に加入するのは義務なのか?

社会保険未加入の中小企業が出来る対策

中小企業では利益を出せるように、費用を抑える節税を行うことになります。しかし義務としてやらなければならないこともあり、そのために必要な費用は払わなければならないことになり、対策を考えなければなりません。

 

中小企業で働く従業員に対しては賃金を支払わなければなりません。これは労働の対価として支払うことになりますが、正社員の場合は社会保険も支払わなければなりません。

 

またパートやアルバイトを雇っている場合であっても正社員と比べて4分の3以上の勤務時間で働く場合には社会保険に入る義務があります。

 

社会保険は健康保険や厚生年金、雇用保険などがありますがこれは従業員と会社と費用を負担することになります。そのため費用を少しでも抑えることができないか、時間数ではなく会社に貢献している人だけ加入することができないか考えることもあります。

 

しかし社会保険の加入は従業員5人以上の個人事業主や株式会社は加入義務でもあり他の方法を考えなければなりません。

 

例えば

 

週40時間の従業員であれば社会保険の加入が必要となりますが、週20時間の従業員の場合は社会保険に加入する必要がなく、週20時間勤務の人を集めるという方法もあります。

 

しかし実際はそのような人がうまく集まるかわからないこともあり、会社としてもどちらにメリットがあるのかわからない部分でもあります。

 

社会保険は所得税や住民税などよりも負担が大きくなることがあり、キャッシュフローに与える影響も大きいのです。しかし従業員には健康保険があれば病院にかかっても安く済ませることができるほか、いくつかの保証を受けることもできます。

 

また厚生年金は国民年金よりも年金額が高くなるということでメリットがあるのです。

 

 

社会保険加入の実情

こういったことから実際は中小企業であっても社会保険に加入していない会社も多数存在しているのも事実なのです。社会保険に未加入の場合は罰則もあるので加入をしなければならないのです。

 

これはいつ指導がくるかわからないことでもありますが、もし指導されると加入する必要があります。しかし条件や交渉次第では一定期間猶予を設けられることもあるのです。

 

このようなことから税理士や社会保険の専門家に相談をしてみるという方法があります。特に給与計算ということで税理士にその対策を求めて相談するといいです。

 

調査がきた場合にどのように対応するべきか、それまでにどのような準備をしておくかということです。