中小企業の節税対策に強い税理士と無料相談お薦めの会計事務所を紹介

MENU

個人事業の確定申告

 

個人事業の確定申告

個人事業の確定申告は無駄な税金を支払わないためにもとても大切です。

 

知識が多いほど確定申告もスムーズにできるのですが、個人事業主の確定申告はどのような流れで行うのか、その内容についてご紹介したいと思います。

 

 

<個人事業の確定申告について>

 

確定申告とは1月1日から12月31日までの1年間の所得額と所得税の計算をして、過不足の分を精算を行って所得税額を確定する為の手続きです。個人事業者は青色申告ができますが、そもそも青色申告とは不動産所得や事業所得、山林所得のある人が対象になっています。

 

所得金額の計算などで有利な制度でることが特徴になっています。給与所得者のサラリーマン以外の人は確定申告をしないといけないのですが、個人事業の確定申告である青色申告をするには一定の帳簿に毎日の取引を計上しないといけません。

 

確定申告の時期に税務署で承認を受けて手続きを行います。しかし個人事業によってはとても複雑な取引内容もありますし、簡単な商売であれば取り扱う商品の種類も少ない為に帳簿を付けるのは簡単ですよね。

 

青色申告は正規の簿記、もしくは現金主義簡易式簿記のどちらかをそれぞれの事業に合わせて選ぶことが出来ます。個人事業にとっての帳簿は、毎日付ける商売の日記のようなもので、お金の収支をその日ごとに記録する為のものです。

 

<個人事業の確定申告のやり方>

 

確定申告はとても面倒で自分でやるのは不安にしておけば感じませんか。しかし思っているほど複雑ではなく、確定申告の流れを把握しておけばスムーズに手続きができます。個人事業の場合、まず確定申告で必要なのは情報集めです。

 

申告には必要となる書類がありますので、まずどんな種類のものが必要かチェックします。次に申告書の記入を行います。申告書ができたら管轄の税務署に提出しましょう。確定申告をする際にはまず正しい申告時期をチェックしておかないとけません。

 

期限を過ぎてしまうと税金を余計に支払うことになります。申告の際に分からないことがあれば、管轄の税務署やこの時期になると多く行っている税金の相談会などに参加することもよい方法ですね。
確定申告は、とにかく必要書類の漏れがないようにダブルチェックしないといけません。

 

 

主に必要となるものが、領収書、生命保険の控除証明書、家計簿、源泉徴収票などがあります。家計簿は詳細が記入されているものに関しては提出書類として有効ですので参考にしてくださいね。